先延ばしをしない人になるために

自己啓発

こんにちは!

はるです。

 

今回は、

『先延ばしをしない人になるために』

というテーマで進めていきます!

 

この記事を書くにあたって、

こちらの本を参考にして

書かせていただきました。

 

「「すぐやる人」と「やれない人」の習慣」の画像検索結果

 

塚本亮

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣  

明日香出版社 2017

 

著者の塚本亮様に感謝申し上げます。

 

今回このテーマにした理由は、

「やろうと思っていたのに、面倒になってしまった」

「分かっているのに出来ない」

「モチベーションが保てない、上がらない」

「先延ばしにしてしまう」

など、

 

「なかなか英語学習が進まない。」

という声を多数いただいたからです。

 

このような、

 

やれない…

先延ばしにしてしまう…

 

というのは、

多くの人が経験し、

悩んでいるはずです。

 

この記事を書いている

僕も例外ではなく、

典型的な「やれない」タイプです。

 

小学校の頃に夏休みの宿題は、

最後の2日くらいで

終わらせるタイプでした😅

 

 

僕の昔話は置いておいて、、、

 

「やれない人」が、

やってしまいがちなのは、

自分の意志で行動しようとしている

ことです。

 

でも実際には、

行動できず先延ばしをしてしまう。

 

その結果、

行動できないダメな自分を責めて、

自己嫌悪でますます行動できなくなってしまいます。

 

まさに、

負のループ。

 

 

この負のループから抜け出すために

大切なのが、

やれる人になるために「習慣」

を知ること。

 

「やれない」のは、

意志が弱いからではなく、

やれる人になるために、

「習慣」を知らないことなんです。

 

この記事を読めば、

「すぐやる人」

になるための習慣を理解し、

すぐに行動できるようになります。

 

このまま何も変わらず、

自分のやりたいことも出来ずに、

日々淡々と過ぎていくのは嫌ですよね

 

「すぐやる人」になって、

自分の目標とする結果を出せるように

なりたい人は、

是非この先を読んでくださいね✨

 

それでは、

いきましょう!

 

先延ばしをしない人になるために

「すぐやる人」の思考

矛盾する2人の自分

誰もが、

”面倒なこと”はできるだけ避けて、

「ラクをしたい」

そう思っています。

 

一方で、

私たちは

”向上心”も持ち合わせていますよね!

 

英語を

話せるようになりたい!

 

もっと

素敵な自分になりたい!

 

もっと

稼げるようになりたい!

 

このような思っていても、

アクションを起こさずして、

よりよい人生を

手に入れることは出来ません。

 

成功の鍵は行動にある

からです。

 

「ラクをしたい自分」と、

寝転がってスマホを使う人のイラスト(男子学生)

 

「より良い生活を手に入れたい自分」。

イメージトレーニングのイラスト(男性)

 

矛盾するような状況を

両立させるためには、

どのようにして自分を操り、

アクションさせるのかを

考える必要があります。

 

では、

「すぐやる人」は

いかに自分を操っているか?

 

「すぐやる人」は、

自分を無理に動かそうとせず、

ラクに自分を動かせる術を

心得ています。

 

逆に「やれない人」は、

自分を

無理に動かそうとして失敗します。

 

まずは、

自分を動かす勝ちパターンを見つけて、

自分を自然と行動させるような習慣を

身につけましょう!

 

「やりたい!」と思った瞬間に行動する

 

モチベーションには

「鮮度」があります。

 

鮮度が最も新鮮な時は、

「やりたい!」と思った瞬間です。

 

書店で参考書を買って帰ったが、

「明日から始めよう」

と開かずに置いていて、

いつの間にか

本棚の奥にしまい込まれていた。

という経験はありませんか?

 

これは、

「やれない人」の典型的な行動です。

 

明日も高いモチベーションを維持できると思い込み、

明日やればいいと自分を納得させてしまっています。

 

一方、

「すぐやる人」は

未来の自分を信じません。

 

「いつか」は

やってこないと知っているから、

今この瞬間にアクションします。

 

「すぐやる人」は、

すぐにやることで

モチベーションを高めています。

 

心理学では、

「ツァイガルニック効果」

”人間は達成できなかった物事や、

中断・停滞している物事に対し、

より強い記憶や印象を持つ”

という現象があります。

 

要するに、

小さな一歩でも

アクションを起こすことで、

「やり残し感」を持てば、

「完成させたい」という欲求が

自然と湧き上がるということ!

 

まさに、

『鉄は熱いうちに打て』です。

刀鍛冶のイラスト

 

逆算思考で目標に向かう

 

「逆算思考」とは、

ゴールを設定し、

プランに従って行動する考え方

です。

 

 

一方で、

今できることに

精一杯取り組む考え方が、

「積み上げ思考」です。

 

 

ビジネスやプライベートにおいて、

逆算思考は、

多くのメリットをもたらしてくれます。

 

なぜなら、

道筋が明確で行動に無駄がないから

です。

 

「やれない人」は

逆算思考を

持っていないことが多いです。

 

ゴールを考えず、

「なんとなく頑張れるところまで頑張りました」

となりがちです。

 

全部が全部逆算思考で、

目標が決まっていなくてはいけない

という事ではありません。

 

「積み上げ思考」時には必要です。

「将来何に繋がっていくか今はわからないけど、やってみたいからやってみる」

という事も、

大切にすべきです。

 

どちらが良いということではなく、

使い分けるのが

大切になってくるのです。

 

ただ今回の場合のように、

 

何か「やろう!」と決めた時、

逆算思考はゴールから考えることで

行動が明確になって、

先延ばしが無くなることは

間違いありません。

 

自分を動かす方法

 

誘惑のない環境を作る

 

私たちが最も影響を受けるのは、

目で見た情報

です。

 

美味しいそうな食べ物を見たら、

無意識に唾液が分泌されたり、

衝動的になってしまったり,,,。

 

このような事が多々ありますよね。

 

このようなとき

「やれない人」は、

衝動的になったことを、

”自分の意志の弱さ”

のせいにしてしまいます。

 

しかし、

衝動的になってしまったのは、

 

「出来ない環境で頑張ろうとした結果」かもしれない。

 

とも考えられますよね。

 

「すぐやる人」は、

”意志力に頼りません”

 

誘惑のない環境を作る、

もしくは、

やるしかない環境に自分を置きます。

 

著者の塚本さんは、

ケンブリッジの大学院に通っていた頃、

毎日大学の図書館に

足を運んでいたそうです。

 

図書館に行けば、

多くのクラスメイトたちに

会う事ができます。

 

みんなが頑張っている環境に

身を置くことで、

自然と自分も頑張ることが出来るからです。

 

現代社会には誘惑が多いですよね。

 

誘惑に打ち勝とう

とするのも大事ですが、

まずは、

誘惑されない環境を作って、

ラクに自分を動かせる方法を

考えた方が良いです。

 

自分が

「どんなことに誘惑されやすいか」

をリストアップして、

徹底的に無くしていきましょう!

 

計画を立てる

 

自分を動かそうとする時、

時間を意識すること

も効果的です。

 

1年365日、

時間にすると8760時間。

 

その3分の1は睡眠に、

もうひとつの3分の1は、

仕事や学校などで消化します。

 

すると、

自分が自由に使える時間は、

年間で2920時間

です。

 

この約3000時間を

いかに有効活用して、

未来を創り出すかが重要になります。

 

著者は、

日曜日の夜に1週間の時間割を作成し、

仕事以外の時間帯には、

「緊急性は低いが重要性の高いもの」

を優先させています。

 

読書する、

英語の勉強をする、

ジムへ行く、

セミナーに参加する

など,,,。

 

時間を決めて、

スケジュールを作る習慣をつけると、

時間への意識はさらに高まります。

 

そして、

時間をコントロールしている感覚は、

モチベーションを生み出します。

 

忙しくても、

計画だけは立ててみてください。

 

たとえ計画通り進まなかったとしても、

その原因を分析出来たり、

原因を客観的に把握すれば、

時間のやりくりが上手になります。

 

期限を自分で決める

 

「すぐやる人」は、

やると決めた時、

指示や依頼を受けたとき、

すぐに動き始めます。

 

その第一歩は、

与えられた期限ではなく、

自分で期限を設定すること

です。

 

期限を意識するのと、

そうでないのとでは、

集中力が変わってきます。

 

期限という強制力がないと、

なかなか思うように行動できない人は

多いですよね。

 

この記事を読んでいる方の中にも、

夏休みの宿題を、

最後に一気に片付けたことがある

という人も多いでしょう。

 

期限を設けないと、

時間が十分あると勘違いしてしまい、

目の前の選択肢は増えます。

 

「やる? やらない? まだ明日やれば間に合うのじゃない?」

 

などと迷いが生じ、

行動力が落ちるのです。

 

そうならないためには、

少しタイトなくらいの期限設定をして、

時間の強制力を活用することで

瞬発力を高めてみましょう。

 

最初の一歩が速いと、

そのあとも円滑に進みやすいです。

 

さらには、

さまざまなトラブル発生リスク

に対処する余裕も生まれます。

 

目標管理

 

目標に数字を入れる

 

「すぐやる人」は、

目標に数字を取り入れること

で行動をコントロールしています。

 

一方で、

「やれない人」は、

感覚的になりすぎて、

安定した行動力を発揮できません。

 

人間の「ラクをしたい」

という気持ちを否定することなく、

うまくコントロールするためには、

数字を上手に使うのが有効です。

 

著者は留学から帰国後、

体重が自己ワースト記録を

大幅に更新していました。

 

そこで卒業式までの3カ月間を使って、

20キロのダイエットを決意したそうです。

 

具体的には、

週3回ジムに通い、

60分間の有酸素運動。

それに加えて、

脂質を1日50グラム以内に抑える。

という数値目標を設定しました。

 

すると、

体重はグングン落ちていき、

20キロの減量に成功したのです。

 

このように、

数字で物事を捉える習慣

をつけておけば、

判断力が高まり、

的確な行動が取れるようになります。

 

その結果、

自分に自信が持てるようになり、

さらなるプラスの行動に

繋がっていくことで、

正のループが起きていきます。

 

 

TOEICや英検を受ける人も、

具体的な点数を決めると良いですね!

 

そこで、

考えた人もいるでしょう。

 

英会話”で数字を目標にするって無理じゃない?

 

 

確かにそうです。

英会話検定なんてありませんからね。

 

そんな人は、

TOEIC700点、

もしくは英検2級

あたりを

目標にすると良いかもしれません。

 

この目標を進める理由は、

このくらいの点数が取れると、

英語の基礎が十分付いている

と言えるからです。

 

目標に数字を入れて、

行動していきましょう!

 

未来の自分像をイメージする

 

目標は達成した時点で完了します。

 

だから、

さらに大きな行動軸を獲得するために、

未来の理想の自分像をイメージすること

が大切になってきます。

 

それはつまり、

目標だけでなく、

「目的」

も明確にするということです。

 

目標は「行動」、目的は「状態」

です。

 

「TOEIC700点を取る」

という目標を設定したら、

 

「何でTOEIC700点を取るのか?」

という目的も設定します。

 

問いかけてみてください。

 

・TOEIC700点を取る自分はどんな自分なのか?

・今の自分と何が違うのか?

・その未来像にワクワクできるか?

 

例えば。

[目標] TOEIC700点を取る

⬇︎

[目的] 英語の基礎力を付けるため

 

だけでなく、

 

英語の基礎力が付く事によって、

もっと自信を持って英語を話せるようになる。

⬇︎

・日常英会話が問題なくこなせる

・仕事で英語が使えるようになる

・多様な価値観に触れられ、自分の視野を広げられる。

 

こんな感じで、

最終的な目的は

人によって違うかもしれませんが、

 

はっきりとした未来像があるからこそ、

目標がクリアになり、

今やるべきことがはっきりします。

 

まずは、

なりたい自分

をイメージしてみましょう!

 

「行動すること」

それは、

あなたの人生に輝きを与えてくれる

唯一の方法です。

 

まとめ

 

今回は、

『先延ばしをしない人になるために』

というテーマで進めてきました。

 

具体的な方法として、

▶︎自分を動かす方法

  1. 誘惑のない環境を作る
  2. 時間決めて計画を立てる
  3. 期限を自分で決める

▶︎目標管理

  1. 目標に数字を入れる
  2. 未来の自分像をイメージする

 

いかがでしたか?

 

本書では、

「すぐやる人」になるための50の習慣

が紹介されていますが、

 

その中で、

僕が「実践できそうだな」

と思ったものを抜粋しました。

気になったものから

実践してみてください!

 

また、

本を読んでみたいなと思った方は、

ぜひ読んでみてください。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました🙇‍♂️

 


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました