英文を読むスピードを上げる「3つの力」とは?

英語学習

こんにちは!

はるです。

 

今回は、

 

『英文を読むスピードを上げる

「3つの力」とは?』

 

というテーマで進めていきます。

 

あなたは、

 

もっと

読むスピードあげたい!

 

と思ったことがありますか?

 

誰もが、

考えたことがあるはずです。

 

TOEICや英検などの試験や、

英語の論文や雑誌、

を読む場面において、

 

読むスピードが上がることで、

得られるメリットは、

たくさんあります。

 

しかし、

英語を読むのが遅いと、

 

時間内に問題が解けなかったり、

洋書を読むのに時間がかかったり、

してしまいます。

 

そこでこの記事では、

英語を読むスピードを上げる方法

を解説していきます。

 

英語を早く読めるようになって、

 

試験で問題をスラスラ解けたり、

洋書をたくさん読めるように

なりましょう!

 

それでは、

進めていきます。

 

英文を読むスピードを上げる「3つの力」とは?

 

まずは、

「読むスピードとは、

一体なんぞや?」

 

という事について、

説明していきます。

 

読むスピードとは?

 

読むスピードとは、

つまり、

速読です。

 

ただ、

最初に伝えたいことがあります。

 

それは、

 

速読とは、

「急いで読むこと」ではない。

ということです。

 

また、

最初にうちは、

 

・「段落の頭だけ読む」

・「必要な部分だけ読む」

といったテクニックは、

 

おすすめできません。

 

なぜなら、

英文を正しく読めるようになる

ことが重要だからです。

 

「木を見て森を見ず」

という言葉がありますが、

 

 

英語学習においては、

「1本1本の木を見ることができる」

ようになって、

 

はじめて、

正しく「森を見る」こと

ができるようになります。

 

まずは、

「木を見て木を見る」能力が

必要になってきます。

 

速読とは、

「急いで読むこと」ではなく、

「正しく読むこと」です。

 

速読に必要な要素とは?

 

速読に必要な要素とは、

一体なんでしょうか?

 

ここで、

速読に必要な要素を

スポーツに例えてみます。

 

スポーツにおいても

 

「スピードを上げる」

にはたくさんの要因が

複雑に絡んでいます。

 

「速く走りたい」

という陸上部員がいます。

 

 

ここで、

「たくさん走るといつか速くなる」

と言ったり、

 

テクニックだけ

で解決させようとしたりは、

しないはずです。

 

まずは、

正しいフォームが必要ですよね!

 

この「正しいフォーム」こそ、

「英語の正しい読み方」です。

 

さらに、

「正しいフォーム(英文解釈力)」

に加えて、

 

「筋力(単語の瞬発力)」

「実際の試合(音読力)」

などの要素が必要です。

 

いろんな要素が、

複雑に相互作用して

「速くなる」わけです。

 

■速読に必要な要素

 ◉英文解釈力

  →英文の構造を

  正しく把握できるか?

 ◉単語の瞬発力

  →1秒で単語の意味が浮かぶか?

 ◉音読力

  →音読の時に日本語を介さずに

   英語をそのまま理解できるか?

 

英文解釈力

 

英文を速く読むためには、

「英文の構造」をキッチリつかむこと

が必要です。

 

英文の構造をつかむとは、

『文法』です

 

当たり前ですが、

 

文法事項を知らないと、

理解できない文章は、

たくさんあります。

 

特に、

 

英検やTOEICなどの資格試験、

洋書や英字新聞に必要とされる

英語力には、

 

「英文解釈」

が絶対に必要です。

 

英文解釈力を付けると、

英文の構造を予想する力がつき、

きちんと英文が読めるようになります。

 

きちんと読めれば、

読むスピードも上がります。

 

TOEICの問題集を

いくらこなしても、

点数が伸びない

 

読むのが速くならない

 

と思っている人には、

 

一度速読の呪縛から抜けて、

きちんと正しく読む練習

をオススメします。

 

単語の瞬発力

 

単語を覚えるときに、

 

 

えーと、

この単語の意味は………

 

 

となっているうちは、

速く読むなんてムリです。

 

そのたびに、

英文を読む作業が

ストップしちゃうからです。

 

当たり前ですが、

「単語の意味をパッと言えない」

と英文を読むのは遅くなります。

 

1秒で単語の意味が言えれば、

それだけで英文を読むスピードが

上がるはずです。

 

音読力

 

英語をマスターするためには、

 

「やさしい英文を

大量に処理していくこと

で英語アタマをつくる」

 

という作業が絶対に必要です。

 

そのために必要なのが、

「音読」です。

 

英文解釈できちんと理解した英文を、

何度も音読して脳に染み込ませます。

 

2〜3回では足りません。

 

最低30回、

理想は50回の音読です。

 

2〜3回英文を読んだだけでは、

いちいち日本語に置き換えないと

意味が理解できないかもしれません。

 

しかし、

 

何度も繰り返して同じ英文に

触れていくうちに、

 

英語を英語のまま処理できる

ようになるんです!

 

英文を目で見ながら、

意味が浮かぶようになります!

 

これができるようになれば、

 

返り読みもしなくなり、

日本語を介さずに

英文の内容が浮かぶようになります。

 

すると、

英文を読むスピードが

格段に上がります!

 

日本語に直す手間が省けるので、

スピードが上がるんです!

 

時間はかかりますが、

毎日30分音読を2〜3カ月も

続けていけば、

 

必ず結果が出ます!

 

でも、ぜひ挑戦してください。

 

音読するときに気をつけることは?

音読は、

「英語アタマ」

をつくるものです。

 

ですから、

無意味に音読しても効果はありません。

 

次のことに

気をつけてください。

 

■音読の細かい注意点

 ◉必す声に出す

 (黙読だと無意識のうちに

  目で飛ばしてしまう)

 ◉声の大きさは無関係

 (ボソボソでも十分)

 ◉何も考えず字面だけ追っても

  効果はない

 ・まずは英文の構造を意識する

 ・次に英文を読みながら

   和訳が浮かぶように

 ・最後は自然なスピードで

 

音読するときは、

ダラダラ読んでも意味がないので、

集中して取り組みましょう!

 

2〜3カ月後にはきっと

「劇的な読解スピード」

を手に入れることができます!

 

ついでに集中力もつきますよ!

 

単語の瞬発力

×

英文解釈力

×

音読力

 

を強化して「英語アタマ」

手に入れましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、

 

『英文を読むスピードを上げる

「3つの力」とは?』

 

というテーマで進めてきました。

 

英文を読むスピードを上げる

「3つの力」とは?

■英文解釈力

■単語の瞬発力

■音読力

 

でした。

 

それぞれの能力の上げ方で、

もっと深掘りしていけるのですが、

 

記事が長くなってしまうので、

 

今回の記事では

 

「英文を読むスピードを

上げるには?」

 

という事について、

体系的に知っていただければ、

嬉しいです!

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

🌈See you again🌈

 


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました