有酸素運動「ランニング」で意識する事とは?

トレーニング

こんにちは!はるです。

今回は有酸素運動の「ランニング」についてお伝えします!

前の記事の、

腹筋を割るには腹筋トレーニングだけではダメ?! 体脂肪率が大切!

この記事で、腹筋を割るには体脂肪を減らす事が大切!とお伝えし、

体脂肪を減らす → 有酸素運動を取り入れよう!という流れになりました。

でも、どの有酸素運動が良いのか?

という事で、身近な有酸素運動を解説していきます。

有酸素運動で1番代表的な「ランニング」についてです。

ただ走れば良いという訳ではなく、しっかりと仕組みを理解することによって効果が得られます。

この記事では「ランニング」で意識すること、仕組みについて説明していきます!

早速いきましょう!!

有酸素運動「ランニング」で意識する事とは?

person running between grass fields

有酸素運動の良いところ

man running on road near grass field

ここでは体脂肪を減らす事が目的ですが、その他にも良いことがたくさんあります。

・脂肪燃焼効果

・生活習慣病予防

・血糖値が下がる

心肺機能が高まる

自律神経を整える

ざっとこれだけあります!

体脂肪が燃えるだけではなく、たくさんの良い効果があるので、

是非、有酸素運動を取り入れてください!

「ランニング」で体脂肪が落ちる仕組み・意識すること

ソース画像を表示

「ランニング」は言うまでもなく典型的な「有酸素運動」です。

有酸素運動では、酸素を使って身体に蓄えられている脂肪をエネルギーとして使用します。

つまり、ランニングをすることで酸素を取り込み、脂肪がエネルギーとして燃焼されることで、

体脂肪が減るのです!

この脂肪の燃焼をいかに促進するかが重要になります。

しかし!有酸素運動を行う上で1つ重要なポイントがあります。

それは、脂肪が燃え始めるのは、運動をしてから20分くらいかかるのです。

man tying his shoes

「おい! それどーゆう事だよ!!」ってなりますよね…。

実は、人は最初の20分は血液中に含まれている糖質から消費を始めるんです。

そして、その後に体脂肪を燃やし始めるのが運動開始後20分くらいからなのです。

これは、血中の脂肪分解酵素が体温が上がり始めた20分後くらいから働き出すからです。

なので20分以上は続けるようにしましょう!

「そんな走れねーよ!」と感じるかもしれませんが、大丈夫です!

意外とあっという間です。

景色を楽しんだり、音楽を聴いたり工夫すれば、「あっ!1時間たった」ってなります。

工夫して20分以上は続けましょう!

「ランニング」の頻度

pair of black-white-and-brown Nike basketball shoes

週2~3回で20分以上がおすすめです。

ランニングをやる時間帯ですが、朝か夜どっちが良いか論争がありますが、

正直どっちでも良いと思います。

自分のライフスタイル、その日の予定に合わせて継続させていくことが大切です!

余談ですが、

朝に行う場合はしっかり水分補給をしてからにしてください。

寝起きは水分が不足していて、脱水症状になりやすいので注意が必要です。

まとめ

この記事では「ランニング」にお伝えしてきました。

ちなみに、ランニングとジョギングの違いですが、

ランニングは6.4km/h以上、ジョギングはそれ以下のスピードが目安とされています。

覚えておいて欲しいことは、ランニングでもジョギングでも、

脂肪が燃え始めるのは、運動をしてから20分くらいかかるという事です。

これを頭に入れてランニングに取り組みましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました