英語で使わられる”命令文”

英語学習

こんにちは!はるです。

今回の記事は、英語で使わられる”命令文”をテーマにしていきます。

命令文は主語を用いない珍しい形で、述部を相手にぶつける意識で使う文章です。

そのため、相手の心情に配慮が無かったり、高圧的な表現になってしまいがちです。

そこで、この記事でどのような時に命令文が使われるのかを説明していきます!

それではいきましょう!

英語で使わられる”命令文”

命令文は「〜しなさい」と訳される文章をイメージするかもしれませんが、命令だったり、依頼だったり、または勧誘・提案などの様々な場面で使われています。

それぞれ見ていきましょう!

命令文の基本的な形

「指示する人 イラスト」の画像検索結果

まず例文を見て下さい。

Be quiet.(静かにして下さい。)

Open the window.(窓を開けて下さい。)

このように、基本的な命令文はこの形です。

be動詞一般動詞を使った命令文は、主語を抜き、動詞の原型を文頭に置く事で命令形が完成します。

命令文の否定形

「否定 イラスト」の画像検索結果

例文を見て下さい。

Don’t be nervous.(弱気にならないで下さい。)

Don’t touch me.(私に触らないで下さい。)

Never smoke here.(二度ここでタバコを吸わないで下さい。)

命令文にも否定形があります。

be動詞一般動詞、どちらも場合も文頭にDon’t」を付けます。

このようにして「〜してはいけない。」という”禁止”の意味になります。

また、「Never」を用いる事で「決して(二度と)〜してはいけない」という意味になり「Don’t」を使った時より、禁止にの意味が強くなります。

「Never」を使うと、相手に対して非常に高圧的なので注意が必要です。

依頼・提案を表す命令形

お題

例文を見て下さい。

Please call me Ken.(ケンと呼んでください。)

Let’s eat a hamburger for lunch.(昼食にハンバーガーを食べましょう。)

「Please 」を用いる事で「どうか〜して下さい。」という”依頼”の意味になり、命令文の中でも丁寧な表現をする事ができます。

また、「Let’s」は「〜しようよ。」と相手を勧誘”・”提案”する意味になります。

まとめ

今回は、英語で使わられる”命令文”というテーマで進めてきました。

命令文には、命令だったり、依頼だったり、または勧誘・提案の意味があるのが分かってもらえたと思います。

命令文で1番大切な事は、主語を抜き、動詞の原型を文頭に置く事です。

文頭に来るのが全部動詞という訳ではありませんが、基本はこれなので今日はこれをしっかり覚えて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございまいした。


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました