Thereを用いた文章の使い方「〜がある。〜がいる」

英語学習

こんにちは!はるです。

今回は、Thereを用いた文章の使い方「〜がある。〜がいる」というテーマで進めていきます。

Thereを用いた文章は、イメージを植え付ける事ができればめちゃくちゃ簡単です。

Thereを用いた文章が使える時。使えない時をしっかり見極められるようにしましょう!

それではいきましょう!

Thereをも用いた文章の使い方「〜がある。〜がいる」

Thereを用いた文章で使える時、使えない時をそれぞれ紹介していきます。

Thereを用いた文章で使える時

「Ok イメージ」の画像検索結果

まず例文から見て下さい。

There is a book on the desk.(机の上に本がある。)

There are some cats on the street.(路上に数匹の猫がいる。)

There was a building here.(ここには建物があった。)

There were many dogs here.(ここには多くの犬がいた。)

このように、Thereを用いた文章は時制後に名詞の数によって使い分けます。

現在・単数=「is」

現在・複数=「are」

過去・単数=「was」

過去・複数=「were」

このようになります!とても簡単ですよね。

ちなみに、否定したい時はbe動詞の後に「no」を付けるだけです。

There is no book on the desk.(机の上には本がない。)

疑問文にしたいなら、Thereとbe動詞を入れ替えればOKです!

Is there a book on the desk?(机の上に本はありますか?)ー Yes, there is / No, there is not

こんな感じです!しっかり頭に入れましょう。

これを使う条件は、とても抽象的なのですが「初めて話題にのぼるを事柄をもってくる時」です。

ちょっと分かりにくいですが、次の章を見ていただければ理解できると思います。

Thereを用いた文章で使えない時

「NO」の画像検索結果

先ほどの章で説明した通り、Thereを用いた文章が使える時は「初めて話題にのぼるを事柄をもってくる時」です。

それを頭に入れて次の文章を見て下さい。

・There is Ken at school.(ケンは学校にいます。)

・There was he in the park.(彼は公園にいました。)

これらの文章は正しい使い方ではありません。

なぜなら、Thereを用いた文章が使える時は「初めて話題にのぼるを事柄をもってくる時」だからです。

既に話題にのぼっている、お互いに知っているモノについては、ただのbe動詞の文を使うのです。

・Ken is at school.(ケンは学校にいます。)

・He was in the park.(彼は公園にいました。)

このように普通のbe動詞の文を使います。

 

しかし、例外があります

このような状況の時です。

A : Can anyone drive a car?(誰か運転できる人いないかな?)

B : Well…There is Ken!(うーん…ケンがいるよ!)

こんな感じで、「あっ!あの人がいた!」みたいな場面ですね。

あれさっき、既に話題にのぼっている、お互いに知っているモノについては、ただのbe動詞の文を使うと言っていたじゃないか!と思う人がいると思います。

確かに、ケンの事をAさん・Bさんは既に知っています。

ですが2人の話題の中で「誰かいたかなー?」と考えた結果、「ケンがいた!」と思いがけなっかった人物を話題に引っ張り出しているのでOKなんです。

いや〜ややこしいですよね!

でもこれは例外なので、こんなのもあったなくらいに考えて下さい。

まとめ

今回の記事では、Thereを用いた文章の使い方「〜がある。〜がいる」というテーマで進めていきました。

Thereを用いた文章はとっても簡単、先ほど説明して通りです。

今回1番伝えたい事はThereを使った文章のイメージです。

Thereを用いた文章が使える時は「初めて話題にのぼるを事柄をもってくる時」

そして思いがけなっかった人物を話題に引っ張り出している時」です。

このイメージがあれば大丈夫です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました