覚えなければならない助動詞「can」の使い方

英語学習

こんにちは!はるです。

今回は、覚えなければならない助動詞「can」の使い方というテーマで進めていきます。

最初にうちは「can=〜できる」という程度の理解でも大丈夫ですが、英語を話せるようになりたいのであれば「can」をもっと使いこなせなければなりません。

それでは、「can=〜できる」以外の使い方も見ていきましょう!

覚えなければならない助動詞「can」の使い方

ここでは、助動詞「can」の3つの使い方について説明していきます。

「can」を使う時には”潜在的な”イメージを持つ事が大切です!

基本的に、主語+can+動詞の原型で使います

canの使い方「〜できる」(能力)

「いいね イメージ」の画像検索結果

can=「〜できる」は1番知られている使い方ですよね!

例文を見ていきます。

・I can speak a bit of French.(私はフランス語を少し話せます。)

・She can do anything at all.(彼女はとにかく何でもできる。)

Can you swim?(あなたは泳ぐ事ができますか?)

この使い方は簡単ですね!

やろうと思えばできる力、能力を表す意識で使う事が大切です。

やろうと思えばできる力、能力とは「潜在的」ですよね、これが”潜在的な”イメージに繋がります。

 

canの使い方「〜していい」(許可)

「いいよ イメージ」の画像検索結果

例文を見て下さい。

・You can borrow my book, if you want.(私の本を借りてもいいよ、そうしたいなら。)

Can I help you?(お手伝いしましょうか?)

canの「許可」は「君は〜してもいいんだよ」と、相手が”潜在的”に持つ自由に焦点を当てています。

canの使い方「〜しうる」(潜在的な性質)

「能力 イメージ」の画像検索結果

例文を見ていきます。

・It can be used as a knife.(それはナイフとして使える。)

・This technology can be adapted for space travel.(その技術は宇宙飛行に転用可能である。)

canの使い方「〜しうる」にも”潜在的な”イメージがある事が分かりますか?

ナイフとして使える”潜在的な”能力、その技術が宇宙飛行に転用可能という”潜在的な”能力。

このように、「can」を使う時は”潜在的な”イメージを持つ事は大切です。

まとめ

今回は、覚えなければならない助動詞「can」の使い方というテーマで進めてきました。

「can」「〜できる」「〜していい」「〜しうる」という意味で使います。

1番伝えたい事は、「can」を使う時は”潜在的な”イメージ持つ事です。

イメージを持つ事で「〜できる」という基本的な意味以外でも使えるようになります。

しっかり頭に入れましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました