”圧力”感じる助動詞「must」の使い方

英語学習

こんにちは!はるです。

今回は、”圧力”感じる助動詞「must」の使い方というテーマで進めていきます。

前回は「can」の事についてやりましたが、今回も”助動詞”についてやっていきます。

「must」は、「〜しなければならない」(義務)、「〜に違いない」(確信)を表す助動詞です。

この助動詞のイメージは”圧力”です。

”圧力”をイメージすれば「must」を理解しやすくなるはずです。

それではいきましょう!

”圧力”感じる助動詞「must」の使い方

「must」の4つの意味について説明していきます。

基本の形は、主語+must+動詞の原型です。

1. 〜しなければならない(義務)

「威張り」の画像検索結果

I must study English.(私は英語を勉強しなければならない。)

She must get back home.(彼女は家に帰らなければならない。)

ある行為をしなければならない、それが「must」に感じられる強い”圧力”です。

文法的にはとても簡単で、主語+must+動詞の原型です。

また、「must」は主語が3人称単数でもそのまま使いますので、注意が必要です。

2.〜してはいけない(禁止)

「指摘」の画像検索結果

You must not watch TV.(あなたはテレビを見てはいけない。)

He must not go to school because of the cold.(彼は風の影響で学校に行ってはいけない、)

mustに”not”が加わる事で、「〜してはいけない」という禁止の表す表現になります。

Don’t〜(命令文)と同じような意味ですね!

文法的には、主語+ mustnot+動詞の原型を使います。

3.〜するべきだよ(強いおすすめ)

「いいよ イメージ」の画像検索結果

Aurora borealis in Iceland is very beautiful.(アイスランドのオーロラはとても綺麗です)

You must see Aurora borealis.。(あなたもオーロラを見るべきだよ。)

mustの持つ圧力が、好意的な”おすすめ”に繋がります。

文法的には、主語+must+動詞の原型です。

これは、会話の流れや文面から感じ取る事が重要になってきます。

4.〜に違いない(強い確信)

「威張り イメージ」の画像検索結果

He must be a teenager for his voice.(声からすると彼は10代に違いない。)

このように、〜に違いないという意味でも「must」を用いるので覚えておきましょう!

文法の形は、主語+must+動詞の原型です。

まとめ

今回は、”圧力”感じる助動詞「must」の使い方というテーマで進めきました。

mustの使い方はとても簡単で、基本の形は主語+must+動詞の原型です。

そして4つの意味は、

1. 〜しなければならない(義務)

2.〜してはいけない(禁止)「must+not

3.〜するべきだよ(強いおすすめ)

4.〜に違いない(強い確信)

これら全てに共通するイメージは”圧力”です。

しっかり使えるようになりましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました