”許可”や”推量”を表す助動詞「may」の使い方

英語学習

こんにちは!はるです。

今回は、”許可”や”推量”を表す助動詞「may」の使い方というテーマで進めていきます。

「may」は、〜してよい(許可)、〜かもしれない(推量)を表す助動詞です。

他にも意味があるので、今回は「may」を掘り下げて説明していきます。

それではいきましょう!

”許可”や”推量”を表す助動詞「may」の使い方

基本の形は、主語+may+動詞の原型です。

それでは、「may」の4つの意味について説明していきます。

1.〜してよい(許可)

「ok イメージ」の画像検索結果

You may smoke only in the designated area.(あなたは指定された場所でのみ喫煙してもよいです。)

May I have your address?(住所を教えていただいてもよろしいですか?)

文法の形は簡単で、主語+may+動詞の原型です。疑問文は、主語とmayを逆にするだけです。

mayは、目上の人が下の人に与える許可をイメージしてください。

逆に疑問文になったときは、”下からの目線”をイメージします。

2.〜しますように(祈願)

「お祈り イメージ」の画像検索結果

May your dreams come true!(あなたの夢が叶いますように!)

このように、May+主語+動詞で使います。

助動詞のmayが前にあるのは、感情が乗っているからです。典型的な倒置表現ですね!

3.〜かもしれない(推量)

「予想する イメージ」の画像検索結果

We may go skiing in Nagano this winter.(私たちは今年の冬、長野にスキーをやりに行くかもしれない。)

He may be rich, but he is unfriendly.(彼はお金持ちかもしれないが、彼は優しくない。)

このような意味でも「may」を使います。

「may」の”〜かもしれない”はそれほど大きな可能性を示しているわけではありません。

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない、という程度の感覚です。

文法的には、主語+may+動詞の原型です。

4.〜してはいけません(禁止)

「バツ イメージ」の画像検索結果

You may not take photos in the library.(図書館では写真撮影をしてはいけません。)

このように、「may」には”禁止”の意味があります。

しかし、mayの禁止は、mustの禁止とはニュアンスが違います。

mayの禁止は、例文のような”公の権威”が許可していないというような感覚で使います。

一方、mustの禁止は、”絶対だめ”のように個人的な高圧的な禁止で使います。

まとめ

今回は、”許可”や”推量”を表す助動詞「may」の使い方というテーマで進めてきました。

基本の形は、主語+may+動詞の原型です。

今回説明した4つの意味は、

1,〜してよい(許可)

2.〜しますように(祈願)「May+主語+動詞」

3.〜かもしれない(推量)

4.〜してはいけません(禁止)「may+not

「〜してよい」を使うと”上から目線”で失礼なので、日常生活ではほとんど使わないかもしれませんが、逆にMay I 〜を使うと丁寧な言い回しになるので、覚えておいてください。

しっかり使えるようにしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました