『動詞-ing形』〜名詞の位置で使い方〜

英語学習

こんにちは!はるです。

今回は、『動詞-ing形』〜名詞の位置で使い方〜というテーマで進めていきます。

動詞-ing形は常に「生き生きとした躍動感」を表します。

まずは、このイメージを頭に入れましょう!

そして、この記事では動詞-ing形を、主語として、また目的語としての使い方を説明していきます。

それではいきましょう!

『動詞-ing形』〜名詞の位置で使い方〜

動詞-ing形は、名詞の位置で使えば名詞の働きをします。

名詞として使われていても、動詞-ing形のイメージ「生き生きとした躍動感」は変わりませんが、それぞれの、主語として、目的語としての使い方を覚えていきましょう!

動詞-ing形の”主語”としての使い方

Talking in the library is annoying.(図書館で話をする事は迷惑です。)

Studying English is fun.(英語を勉強する事は楽しい。)

Snowboarding is so exciting.(スノーボードをする事はとても興奮するよ。)

このように、動詞-ing形を主語として使うと「〜する事は」と訳す事ができます

to不定詞でも、「〜する事は」と訳す事ができますが、動詞-ing形とはニュアンスが違います。

そこでポイントとなるのが、動詞-ing形のイメージ「生き生きとした躍動感」です。

これが、訳す時、相手と会話をする時のニュアンスの違いになります。

to不定詞については、また別の記事で説明していきます。

また、どこが主語の部分なのか分からなくなってしまう事もあると思いますが、冷静に動詞(be動詞)を見つける事、動詞さえ見つけられれば主語が見えてきます。

動詞-ing形の”目的語”としての使い方

「目的語 英語」の画像検索結果

I like playing sports.(私はスポーツをする事が好きだ。)

Stop sleeping during class!(授業中に寝る事をやめなさい!)

Ken is very good at speaking English.(ケンは英語を話す事がとても上手だ。)

このように、動詞-ing形を目的語として使う時には「〜する事が(を)」と訳す事ができます

また、3つ目の文章のように前置詞の後に目的語を置く時も、動詞-ing形は主語で使う事ができるので、前置詞の後に置く事ができます。

例えば、

Ken is very good at English.(ケンは英語がとても得意だ。)

この感覚で、動詞-ing形を使う事ができます。

 

ここで気を付けたい事があります。

前置詞の後の目的語は、to不定詞を置けません。

「だめ イメージ」の画像検索結果

Ken is very good at to speak English. ❌

この文章のように、to不定詞のtoは前置詞と同じでなので、同じ前置詞のatと連続で使う事ができません。

なので、前置詞の後は動詞-ing形を使います。

まとめ

今回は、『動詞-ing形』〜名詞の位置で使い方〜というテーマで進めてきました。

それではおさらいしていきます。

動詞-ing形は、名詞の位置で使えば名詞の働く事ができ、そのイメージは「生き生きとした躍動感」です。

動詞-ing形を主語として使うと「〜する事は」と訳す事ができる

動詞-ing形を目的語として使う時には「〜する事が(を)」と訳す事ができる

前置詞の後の目的語は、to不定詞を置けない。前置詞の後は動詞-ing形を使う。

しっかり頭に入れましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました