比較級を使った表現「〜より…だ」

英語学習

こんにちは!はるです。

今回は、比較級を使った表現「〜より…だ」というテーマで進めていきます。

比較を使った表現では、形容詞や副詞の原型に-erを付けた形の”比較級”を使います。

それによって、2つのモノを比べた時に両者の間にある程度や大きさ、強さなどの差を比較級によって表現する事ができます。

今回の記事では、そんな比較級の使い方について説明していきます。

それではいきましょう!

比較級を使った表現「〜より…だ」

「比べる イメージ画像」の画像検索結果

比較級を使った基本の形

1. This stone is heavier than one.(この石はあの石より重い。)

2. My friend has more CDs than me.(私の友達は私よりたくさんのCDを持っている。)

基本の形は、比較級+than です。

thanは接続詞で比較級の後に使う事で「〜よりも…。」という意味になります。

上の文章を見てください。

heavy → heavier に変化しています。これが比較級です!

ただ単純に long → longer のように原型に -er が付く形容詞もたくさんありますが、heavy のように少し変わった変化をするものがありますので、注意が必要です。

下の文章では、more CDs が比較級の働きをしています。

as…asの表現〜同等レベルを表す〜

↑こちらに記事でも説明しましたが、”比較の焦点”が形容詞、副詞だとは限りません

この形も覚えておきましょう!

また、-er が付かない単語を比較で使う時は more をその単語の前に入れます。

例えば、difficult なら more difficult になります。

-ermore の使い分けについては今回は置いといて、まずは基本を覚えていきましょう!

比較級を使った否定

「否定 イメージ」の画像検索結果

He is not younger than my father.(彼は私の父より若いという事はない。)

形は not+比較級+than です。

このように比較の文章に not で否定する事によって、「〜より…という事はない。」という意味になります。

限定語句を用いた比較級の使い方

1. Ken is three years younger than me.(ケンは私より3歳年下だ。)

2. Today’s test was somewhat more difficult than yesterday’s.(今日のテストは昨日のより、やや難しかった。)

3. This house is much larger than mine.(この家は私の家よりはるかに大きい。)

これらの文章のように、限定語句を用いた表現は比較級の前に置きます

1番目の文章は、three years”3歳年下”であると限定しています。

また2番目の文章も一緒、どのくらい難しかったのか? somewhat”やや”難しかったと限定した表現になります。

3番目の文章は much + 比較級+ than を用いて比較されている2者の差が大きい事を表しています。”比較の強さ”の限定です。

比較級を使った表現の応用

Doing something is always better than doing nothing.(何かをやってみる事は、何もしない事よりも常に良い。)

I’m more confident than I have ever been.(私は今までよりも自信があります。)

ここで見て欲しいのは、比較対象です。

doing nothing、I have ever been のように that の後の比較対象は Ken などの名詞に限らず、様々な表現を使う事ができます。

-ing 形to不定詞でもなんでもOK!しっかり使えるようになりましょう!

まとめ

今回の記事では、比較級を使った表現「〜より…だ」というテーマで進めてきました。

ポイントとしては、

・基本の形は、比較級+than〜    ex.) This stone is heavier thanone.

・”比較の焦点”が形容詞、副詞だとは限らない。また、-er の付かない単語には more を使う。 ex.) My friend has more CDs than me.

・否定形は not+比較級+than 〜   ex.) He is not younger than my father.

・限定語句を用いた表現は比較級の前に置く。 ex.) Ken is three years younger than me.

much + 比較級+ thanを用いて比較されている2者の差が大きい事を表している。ex.) This house is much larger than mine.

・that の後の比較対象は 名詞に限らず、様々な表現を使う事ができる

ex.) Doing something is always better than doing nothing.

ちょっと多くなってしまいましたが、しっかり覚えていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました