0から学ぶ!フォニックスルール 〜基礎編〜

英語学習

こんにちは!はるです。

 

今回は、

『0から学ぶ!フォニックスルール 〜基礎編〜』

ということで、

フォニックスルールの基礎について説明していきます。

 

 

英会話学習で大切な要素に

文法・単語・発音

があります。

 

その3つの要素の中の、

”発音”を学習する時に重要になる、

『フォニックスルール』

について紹介していきます。

 

私もそうでしたが、

思いの外知らない人が多いのが、

このルールです。

 

英語の発音の土台となる

ルールでもあるので、

この記事で

理解を深めて欲しいなと思います。

 

それではいきましょう。

 

 

0から学ぶ!フォニックスルール 〜基礎編〜

 

はじめに

 

 

英語で会話をする時に、

大切になるのが、

聞き取りやすい発音です。

 

日本語においての方言なども同じで、

自分の知っている発音でなければ、

どんなに聞き取ってあげたい気持ち

があっても、

理解できませんよね。

 

英語での会話でも同じ事が言えます。

 

単語は文法は正しくても、

発音が異なるだけで、

自分の伝えたい事が相手に、

上手く伝わらなくなってしまいます。

 

例えば、

駅や道端で外国人観光客に

ふと声をかけられた時に、

英語で説明しようとしたけど、

全然伝わらず、戸惑ってしまった。

 

こんな経験はありませんか?

 

これがまさに、

発音が原因によるもの

だと考えられます。

 

そこで今回の記事では、

外国人にも自分の英語が伝わるように、

『フォニックスルール』

を紹介していきます。

 

まずは、

英語の発音の仕組みを理解して

英会話の土台を作っていきましょう。

 

フォニックスとは?

 

 

「フォニックス」

という言葉を聞いた事がありますか?

 

聞いた事はあるけど、

詳しくは知らない

という方も多いはずです。

 

フォニックスとは簡単に言うと、

「英語を発音する時の文字と音のルール」

 

英語の ”音” と ”文字” にある

法則を学ぶ事で、

あなたも、

聞き取りやすい英語を話せるようになったり、

英語を聞き取れるようになります。

 

日本の子供たちが、

学校で「あいうえお」を学ぶように、

英語圏の子供たちは、

「フォニックス」を学んで

英語の読み方を覚えていきます。

 

フォニックスを学ぶメリット

 

 

フォニックスを学ぶメリットは、

大きく2つあります。

 

▶︎1つ目

キレイな発音で英語を話せるようになることです。

 

何度も言っていますが、

フィニックスは、

発音の土台になる大切なルールです。

これを学ぶことで、

キレイな英語を話せるようになることは言うまでもありません。

 

 

▶︎2つ目

単語の発音を予測できるようになることです。

 

初めて見る単語だと、

発音が分からないときがありますよね?

そんなことが格段に減ります。

 

また、

知らない単語でも聞いただけで、

スペルを予測できるようになります。

 

これは、

単語の発音を予測するのと逆の力です、

発音を聞くことで、

「こんな感じのスペルかな?」

となんとなく予測することが可能になるのです。

 

このように、

フォニックスを学習することには、

様々なメリットがあります。

 

そして、

英語の基礎作りとして

フォニックスを学習することは、

とてもおすすめです!

 

フォニックス基礎知識

 

 

フォニックスを

学習する上の基礎知識として、

まず初めに、

知っておくべきポイントが3つあります。

 

ポイント① アルファベットには『名前』と『音』がある

 

『名前』

A : 『エィ』

B : 『ビー』

C : 『スィー』

D : 『ディー』

これが、

アルファベットの名前です。

 

次に、

アルファベットの『音』です。

『音』

A : 『ア』

B : 『ブ』

C : 『ク』

D : 『ドゥ』

 

『音』の参考にしてください ⬇︎

 

上記のように、

アルファベットには

『名前』『音』があります。

 

フォニックス学習では

『音』をしっかり学ぶことで、

英会話での発音をキレイになったり、

英語が聴き取れるようになります。

 

ポイント② 音を繋げることによって単語が読めるようになる

 

例えば、

 

b + a + g  =  bag

ブ ア グ   ブァグ

 

これらアルファベットの『名前』は、

それぞれ『ビー、エィ、ディー』

ですが、

 

『音』は、

『ブ、ア、グ』

となり繋げて

『ブァグ』と発音します。

 

bagの音声 ⬇︎

 

このような感じで、

単語は1つ1つのアルファベットの

『音』が繋がって発音されます。

 

ポイント③ 2つの文字を”組み合わせて発音” する場合もある

 

例えば、

 

f + i + sh  =  fish

フ イ シュ  フィシュ

 

これらのアルファベットの『音』は、

それぞれ

『フ、イ、シュ』となり、

繋げて『フィシュ』と発音します。

 

fishの音声 ⬇︎

 

shは、

2つの文字が組み合わせて、

『シュ』という

1つの『音』になります。

 

このような、

”2つの文字を組み合わせて発音する”

場合もあることを覚えておきましょう。

 

フォニックス基礎知識まとめ

 

 

■ポイント1

アルファベットには『名前』と『音』がある

 

■ポイント2

音を繋げることによって単語が読めるようになる

 

■ポイント3

2つの文字を”組み合わせて発音” する場合もある

 

ということで今回は、

『0から学ぶ!フォニックスルール 〜基礎編〜』

でフォニックスの基礎を説明してきました。

 

少しでも参考になれば嬉しいです!

最後までお疲れさまでした🙇‍♂️

 

 


⭐️ お知らせ ⭐️

『ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク』をLINE@限定で配信中!

英語が聞き取れない”悩み”を解決するテキストを無料でお渡ししています。

■このような悩みはありませんか?
・英語を聴き取れるようになりたい
・リスニング力を上げたい
・海外映画を字幕なしで見たい

という方向けのテキストになっています😊


受け取り方法は、⬇︎のリンクに飛んでLINE@の登録して、いくつかの質問に答えていただければOKです!

ネイティブ英語ですら ”一発で”聴き取れる! ようになるワーク

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました