英語学習

最上級を使った表現「〜の中で最も…だ」

最上級を使った表現は「最も〜である。」と訳す事ができます。 文法的には、形容詞・副詞の原型に -est を加える事によって最上級の形になります。 通常、最上級には the が伴う事に注意をしましょう!これが比較級との違いです。 the が伴うのは、「最も〜」や「1番〜」のように1つに決まるイメージがあるからです。
英語学習

比較級を使った表現「〜より…だ」

比較を使った表現では、形容詞や副詞の原型に-erを付けた形の”比較級”を使います。 それによって、2つのモノを比べた時に両者の間にある程度や大きさ、強さなどの差を比較級によって表現する事ができます。 今回の記事では、そんな比較級の使い方について説明していきます。
英語学習

as…asの表現〜同等レベルを表す〜

今回は、as...asの表現〜同等レベルを表す〜というテーマで進めていきます。 基本的に、as...as〜は「〜と同じくらい...」と訳す事ができ、”同等のレベル”を表します。 ...のところには、形容詞は入ったり、副詞が入ったり、様々です。 この記事で、as...asの表現をしっかりマスターしましょう!
英語学習

『to不定詞』の”名詞位置”での使い方

今回は、『to不定詞』の”名詞位置”での使い方というテーマで進めていきます。 to不定詞は、「to+動詞の原型」で使われる表現です。 この時に使われるtoは、前置詞に使われるtoと同じで”指し示す”イメージがあります。 今回の記事では、このto不定詞が主語、目的語に置かれた時の働き方の説明をしていきます。
英語学習

『動詞-ing形』〜名詞の位置で使い方〜

今回は、『動詞-ing形』〜名詞の位置で使い方〜というテーマで進めていきます。 動詞-ing形は常に「生き生きとした躍動感」を表します。 まずは、このイメージを頭に入れましょう! そして、この記事では動詞-ing形を、主語として、また目的語としての使い方を説明していきます。
英語学習

英語の”助動詞”を使い方をマスターしよう!

今回は、英語の”助動詞”を使い方をマスターしよう!というテーマで進めていきます。この記事では、助動詞の基礎について説明していきます。英語の助動詞は日常会話で頻繁に出てきます。しっかりと理解して、英会話に生かせるようにしていきましょう!
英語学習

未来を表す助動詞「will」の使い方

今回は、未来を表す助動詞「will」の使い方というテーマで進めていきます。 「will」は、〜だろう(予測)、〜するよ(意志)を表す助動詞です。 「will」には、まだ見えないモノを予測したり、ある状況を実現しようとする時に使います。 この記事では、そんな助動詞「will」について説明していきます。
英語学習

”許可”や”推量”を表す助動詞「may」の使い方

今回は、”許可”や”推量”を表す助動詞「may」の使い方というテーマで進めていきます。 「may」は、〜してよい(許可)、〜かもしれない(推量)を表す助動詞です。他にも意味があるので、今回は「may」を掘り下げて説明していきます。それではいきましょう!
英語学習

”圧力”感じる助動詞「must」の使い方

今回は、”圧力”感じる助動詞「must」の使い方というテーマで進めていきます。 「must」は、「〜しなければならない」(義務)、「〜に違いない」(確信)を表す助動詞です。 この助動詞のイメージは”圧力”です。 ”圧力”をイメージすれば「must」を理解しやすくなるはずです。
英語学習

覚えなければならない助動詞「can」の使い方

今回は、覚えなければならない助動詞「can」の使い方というテーマで進めていきます。 最初にうちは「can=〜できる」という程度の理解でも大丈夫ですが、英語を話せるようになりたいのであれば「can」をもっと使いこなせなければなりません。それでは、「can=〜できる」以外の使い方も見ていきましょう!
タイトルとURLをコピーしました